システムエンジニアの転職Totalキャッチ

システムエンジニアの転職Totalキャッチ

SEの転職を余裕をもって進める大切さ

SEであればたくさんの仕事があるかというと、それはスキル次第になります。スキルがなければ仕事も減ってきますので、人によっては余裕がなくなってしまう場合もあります。でも余裕のない気持ちで転職活動をすると、目先のことにとらわれて、年収が低くても働ければいいかと仕事を選んでしまうこともあります。
その結果、SEの技術者として転職前よりも収入が悪くなることもよくあります。
これでは、何のためにSEの技術者として転職したのか、わからなくなってしまうかもしれません。

給料にも満足できるような職に就きたいなら、じっくりと仕事を探してください。

まず、実際にプログラマーの転職しようと思ったきっかけを書き出してください。思いつくままに説明する訳ではないので、深く考えずに、紙に書きましょう。

その次に、その内容をできるだけ暗くならないように説明する方法を変えてください。長々とSEやPGの転職の理由が続くと言い訳しているように受け取られるので、簡潔にしましょう。普通、エンジニアの転職する際に、資格の中でも有利だと思われているものに中小企業診断士があげられます。中小企業診断士の資格をとることで、経営に関する知識を持っていることが認められるので、自らを会社にとって貴重な戦力だと認めてもらうことができます。

法律に詳しい行政書士やお金に関する知識が豊富なファイナンシャルプランナーも、システムエンジニアの転職するとき、大いに助けとなるでしょう。忘れてはならないこととして、有名な会社に入りたいということを目標にしても受かるのは難しいはずです。
よってどういう職種?どういう会社でどういう働き方をしたいのかをありありとイメージしてください。

超一流と言われる会社の採用を勝ち取るには強力に自分をアピールできるポイントを知ってるか知らないかで変わります。

セルフダイアグラムなどを組むことで自分が入りたいと思っている会社がホントにそこで後悔はないのか広い視野をもって眺めてみてほしい。

エンジニアの転職を考えた時に、仕事をしっかりと探すためには、時間が必要になります。今の仕事を続けながら次の仕事を探す場合には、転職のために費やせる時間は多くは取ることはできないでしょう。そんな時に、一度試して欲しいのが転職情報を集めたサイトです。

システムエンジニアのSEやPGの転職サイトに登録をすることで、自分だけでなく、キャリアコンサルタントと呼ばれるサポートスタッフも協力して仕事探しをサポートしてくれるのです。
例えば、33歳未満であれば防衛省職員一種採用などの省庁職員の受験資格ありです。

さらにもう少し言うと40歳未満という上限はありますが、国家公務員の中途採用選考試験を狙ってみてはどうでしょうか。SEとしての仕事があるかどうかはタイミングによるのかもしれませんが。

ここしばらくの傾向としては年齢による縛りはなくなりつつあり、以前よりも30代や40代の人が中途で公務員として働く立場になりたい、そして実際になることができた人の割合が大きくなっているのは間違いないです。
Copyright (c) 2014 システムエンジニアの転職Totalキャッチ All rights reserved.
システムエンジニアの転職Totalキャッチ

システムエンジニアの転職Totalキャッチ